Joomla!3 インストールの方法

Joomla!3 をインストール出来るレンタルサーバーは、PHPのバージョンが5.3以上で、MYSQLが使用できるサーバーとなります。

「簡単インストール」機能があるレンタルサーバーは、サーバー各社のマニュアルを参照してください。

FileZilla でJoomla!3をインストールする方法

 

アップロードしたサイトのドメインを開けると、Joomla!3の設定画面が出ます。

詳しくは、Joomla!3のアップロード Joomla!3ダウンロードの方法 をご覧ください。

  Joomla!3 メイン設定画面  

まずは、メイン設定画面です。

サイト名、サイトの説明、管理者Eメール、管理者ユーザー名、管理者パスワード(確認との2か所)計6か所を入力します。

入力したら、右上の「→次へ」をクリック。

  Joomla!3 データベース設定画面

次は、データベース設定画面です。

データベース、ホスト名、ユーザ名、パスワード、データベース名、テーブルプレフィックスの計6か所を入力します。

データベースは「MySQLi」になっているので、右端の「▼」を押し、「MySQL」を選ぶ。

入力したら、右上の「→次へ」をクリック。

  Joomla!3 最終確認

次のページは「最終確認」の「サンプルデータのインストール」を選ぶ。

ここは、自分に合った物を選びます。

「概要」「メイン設定」の入力ミスが無いか確認して右上の「→インストール」をクリック。

  Joomla!3 言語の追加

Joomla!3はインストールされましたね。

左下あたりの「→追加の手順 言語のインストール」をクリック。

  Joomla!3 言語パックのインストール

言語パックのインストールでは「Japanese」を選びます。

チェックできたら、右上の「→次へ」をクリック。

  Joomla!3 設定完了

設定も済んだので、左下「管理画面」をクリックして、管理画面へ進みましょう。

  Joomla!3 管理画面

管理画面です。

Joomla!3 ユーザー名にユーザー名を、Joomla!3 キーワードにキーワードを入力したら、「ログイン」をクリック。

以上です。

Joomla!3のコントロールパネル(管理画面)がでます。